エステティシャンの給料が高いのには理由がある

美容の専門学校を卒業してすぐにエステティシャンになりました。卒業後すぐに仕事に就けるとは思っていませんでしたが、美容の仕事に就くことは中学生の頃からの夢でしたし、先輩方も優しく接して下さったのでその頃は人生バラ色でした。それに、エステティシャンは専門職なだけあってお給料がとても良いのです。私はそこで約二年間勤務しました。

専門学校の頃から実感していたのですが美容の仕事は案外肉体労働です。基本的に立ったまま仕事をしますし、機械化もほとんどされていないので単純作業ではありません。お客様ともにこやかに会話しなければなりません。エステに来られるということは、ほとんどがおしゃれに気を遣っている(外面を良くする努力をされている)お客様が多いので会話が弾むことも多いですが、時たま気難しいお客様も来られます……。その上出張も多かったので、最初は本当に肉体的にも精神的にもピンチでした。

しばらくして仕事に慣れてきたのはいいのですが、やはり肉体労働。腰などを傷めてしまうスタッフも多いです。私も腰の骨を傷め、エステティシャンを辞めざるを得なくなりました。やはりお給料が良いのにはそれなりの理由があるんだな、と痛感した経験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation