社会人の給料の変化に対する心得

新社会人一年目の給料は、思っていたよりも多いケースが少なくないと思います。問題なのは二年目からの給料です。社会人二年目の給料からは前年の収入に応じた税金などが発生する為、一年目の時よりも給料からの天引きが多くなり、手取り額が少なくなるのが一般的なのです。

昔に比べると、今の社会人の給料から天引きされる保険料はとても大きくなっています。その為、社会人一年目と二年目の手取り給料額には大きな差が生じてしまう可能性も否定できません。社会人一年目で意外とたくさんの給料が貰えたとしても、二年目以降のことを考慮してできるだけ節約生活を心がけて置いた方が無難だと思います。

勤務先によっては定期昇給が得られる場合もありますが、何年も勤続していてもほとんど昇給が見られない会社も少なくありません。その場合なかなか給料も増えず、生活水準を上げられなくなってしまうかもしれません。たとえ給料が思うように上昇していかなくてもある程度の生活を維持する為には、少なく見積もった収入で生活する癖を付けておくことがとても大切なのです。将来的な収入アップを望みにくい現代人こそ、常日頃からの節制を意識すると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation