正社員とアルバイトの給料の認識

正社員の時にはさほど気にしない給料の額もアルバイトだとかなり認識が違ってきます。

前者なら有給休暇が取れてボーナスも年に2回など、基本給が低くても何かとオプションと言えるものが期待できるのですが、これがアルバイトとなると働いた分だけが反映されるわけですからやはりたいへんではあります。

もちろん有給などは法律上可能ではあるのですが、やはり自分から言い出すのは気が引けますし、人間関係に支障がないか気になってしまうものです。

短期間でも見てみたい業界で働くことを考えた時、敢てアルバイトを選ぶ時もありますが、その期間中は一日にいくら稼げるかはある程度計算しておかないと生計に響きます。

また個人レベルの小規模な経営ですと、福利厚生などの点でかなり差が出てきたりしますので、そんなことも頭に入れる必要があります。

では社員が必ずしも得かと言えばそれもまた結論が難しいですね。

自由が利かないこともあれば、建前上責任もアルバイトより重かったりするのが通常でしょうし、職場によってはアルバイトの方が間違いなく稼げる時もあるのです。

やりたい仕事かどうか、それに対する収入をどう換算するべきか、それによって選択肢は異なってくるのです。

神楽坂でオーガニックフレンチなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation